人生には運によって大きく変わります。
一瞬の不運で、事故にあったり、大きな損をしたりします。
逆に、幸運に恵まれたことによって、
お金が儲かったり、すばらしい人にめぐりあったりして
その後の人生がまったく違うものになって行きます。

幸運というものがどのようにやってくるのか
昔からみんな知りたいのに、
なかなか分からないので、
げんかつぎをする人も結構たくさんあります。

例えば、
受験生の前で「落ちる」という言葉を言わないとか、
部活の試合の前には「カツ丼」を食べたりします。

結婚式では「別れる」関係の言葉を遣わないとか
ご縁ということで5円玉が活躍する時があります。

これはだじゃれの領域ですが、
他にも色々な
おまじないとか、
ジンクスとか、
昔から色々なことが伝えられています。

しかし、そんなことで幸運を味方につけたり、
不運を引き寄せたりするのでしょうか?

この幸運や不運はどこからやってくるのかに疑問を感じて、
科学的に実験をした人があります。

それが、イギリスの心理学者、
ワイズマン博士です。

そこで、今回は、そのワイズマン博士の
研究に基づいて、
1. 運がいい人の4つの特徴
2. 運がいい人は宝くじに当たる確率が高いか?
3. 運がいい人は頭がいいのか?
4. 運がいい人は予知能力があるのか?
5. 運がいい人と悪い人の行動の違い
6. 運が良くなる原因
7. 運をコントロールする方法
などについてビデオに撮りました。

これらについて驚くような結果が出ていますし、
おそらくほとんどの人は、
見ただけで運がよくなるので
ぜひご覧ください。